モビットでキャッシング

⇒モビットの公式HPはココ

 


 
モビットのカードローンに申し込む上で気になるのが「必要書類」ではないでしょうか?

カードローンに申し込むには提出しなければいけない必要書類がありますので、きちんと準備してから審査に臨みたいもの。

ここではモビットの申込時に必要となる書類について解説していきたいと思います。

 

モビットは収入証明書がないと審査通過できない!

モビットの必要書類は「本人確認書類と収入証明書」です。

「え、モビットでは収入証明書も必要なの?」と驚かれる方も多いのではないでしょうか?
 

消費者金融のカードローン審査では一定金額以上の借り入れを行う場合に「収入証明書」を提出しなければいけません。

収入証明書とは文字通り「収入を証明する書類」のことですが、基本的には必要としません。
 

消費者金融のキャッシングで収入証明書が必要となる条件は、「1社からの借り入れが50万円を超える場合」です。

例えば「〇〇消費者金融に30万円の借入申込をする場合」は、収入証明書は原則必要ありません。
 

一方で「60万円の借り入れをするとなった場合」は、50万円を超えていますので収入証明書を提出しなければいけません。

また、提出条件はもう1つあり、それが「他社借入額と合算して総額100万円を超える場合」です。
 

上記の例で言えば、「〇〇消費者金融から30万円の借り入れをする場合」であれば、基本的に収入証明書は必要としません。
 

ですが、既に他社から借り入れをしていて、その借入残高と合算して100万円を超える場合は、収入証明書を〇〇消費者金融に対して提出しなければいけません。

この場合は「他社借入額が70万円以上あれば、合算すると100万円を超えます」ので、その際は収入証明書を提出となります。
 

このルールは消費者金融に対して貸せられたもので、金融業者はこれを必ず守らなければいけません。

ですが、収入証明書の提出は上記の条件に該当しなければ、絶対に提出しなくて良いというわけではないのです。
 

実は各金融業者の判断で、金額に関係なく収入証明書の提出を求めることが出来るのです。

モビットの場合は限度額に関係なく、収入証明書の提出を求められる場合もあるようです。
 

ですから仮にどんなに限度額が低くても、モビットで収入証明書を用意しなくてはいけないこともあるのです。

このように、モビットでは収入証明書が必要になる場合もあるので、できれば用意しておくと良いでしょう。
 

モビットで有効な収入証明書は「源泉徴収票、所得証明書、税額通知書、確定申告書、給与明細等」が挙げられます。

いずれも写しで構いません。
 

但し、モビットでは「給与明細書の場合は直近2ヶ月分が必要」となりますので注意してください。

収入証明書は普段から携帯しているわけではないので、すぐにモビットに提出できない場合もあります。
 

また、収入証明書を無くしたり、捨ててしまうという方も多いでしょうから、その場合は再発行するしかありません。

間違っても収入証明を偽造してモビットに提出するようなことはしないようにしましょう。
 

⇒モビットの公式HPはココ

 

モビットでは収入証明書以外どんな書類が必要?

モビットでは収入証明書の他に「本人確認書類」が必要となります。

これはmobitに限らず、どの金融業者でも共通しているものですね。
 

モビットでは、本人確認書は基本的には運転免許証で問題ありません。

変更事項がある場合は裏面もコピーして提出します。
 

運転免許証を持っていない場合はパスポートなどンお顔写真が付いているもので代用可能です。

パスポートの場合は顔写真と住所のページをコピーしてモビットへ提出します。
 

モビットでは、個人事業主の方は「営業状況確認のお願い」という書類も併せて提出しなければいけませんので注意してください。

こちらの書類はモビットの公式サイトよりダウンロードすることが出来ます。

 

モビットのweb完結申込みで必要な書類は何?

最近では多くの金融業者でオンライン化が進んでいます。

オンライン上で手続きできるようにすることで、カードローン利用者は場所や時間に縛られることなく手続きすることができ、しかも以前とは比べ物にならないくらい迅速化されています。
 

オンライン化によって今まで実現が難しかった「即日融資」にも対応することが可能となりました。
 

手続きをオンライン化することで、利用者だけでなく金融業者にも大きなメリットをもたらしています。

※モビットでは、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
 

そんな双方にメリットがあるオンライン手続きですが、中でもシステムが進んでいるのが「モビットのweb完結申込」です。

多くの金融業者でインターネットからの手続きを行っていますので、モビットの場合も一見すると他と変わりないように思えます。
 

しかしモビットのweb完結申込は他とは大きな違いがあります。

まず、モビットのweb完結申込なら、在籍確認は電話ではなく書類で行います。

これにより会社の定休日でも在籍確認することが出来るようになり、より迅速にモビットの手続きをすすめることが出来ます。
 

また、勤務先の人たちへの借金バレを防ぐことが出来るというメリットもあります。

多くの方は勤務先へモビットからの在籍確認の電話をされるのを嫌いますよね。
 

でもモビットのweb完結申込ならそんなことを気にしなくて良いのですから、モビット利用者にとっては嬉しい限りでしょう。

そしてモビットのweb完結申込には郵送物が家に一切ありませんので、職場だけでなく家族バレも防ぐことが出来ます。
 

融資は銀行振込となりますので、モビットのローンカードの発行もありません。

メリットの多いモビットのweb完結申込ですが、実は誰でも利用できるというわけではありません。
 

モビットのweb完結申込には利用条件があり、これを満たしていない人は通常申込を取らざるを得ません。

モビットのweb完結申込の利用条件は「指定した銀行口座を所有していること」、更に「本人確認書類・収入証明書類・健康保険証・給与明細直近1ヶ月分これら全てを提出できる場合」です。
 

モビットのweb完結申込の指定銀行口座は「三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行」のいずれかとなり、これ以外の銀行口座は認められません。

収入証明書類は「源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細直近2ヶ月分」のいずれか1点。
 

健康保険証は「社会保険、もしくは組合保険」が認められ、国民健康保険はモビットのweb完結申込では対象外となります。

つまり、自営業の方はモビットのweb完結申込を利用するのは無理ということになります。

給与明細は収入証明書で提出している場合は不要となります。
 

モビットのweb完結申込は非常に便利なサービスですが、利用するための条件が非常に厳しいです。

またモビットのweb完結申込は融資は銀行振込となりますが、あくまで当日対応できるのは平日のみです。
 

銀行は土日は休みとなるますので、仮に土日に振込手続きしても反映されるのは休み明けになります。

土日にモビットで即日融資を受ける場合は、web完結申込は利用しないことです。
 

⇒モビットの公式HPはココ

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットに必要書類を送る方法は?

モビットに必要書類を送る方法は主に4つです。
 

1つ目に「FAXで送る方法」です。

自宅にFAXがなくても近くのコンビニに設置されているマルチコピー機を使って送信することも可能です。
 

2つ目に「書類をスキャンしてパソコンからメールで送る方法」です。
 

3つ目に「携帯電話もしくはスマホで撮影してメール」です。

この方法が最も早く且つ簡単な提出方法と言えるでしょう。
 

そして最後4つ目に「モビットへの郵送」です。
 

郵送の場合は物理的に相手側に到達するまでに時間がかかりますので、急いでいる場合はこの方法は避けたほうが良いです。
 

また、モビットへ郵送の場合は「申込書と併せて書類送付」となりますので、利用する際は間違えないよう注意してください。
 

⇒モビットの公式HPはココ

 

収入証明書や本人確認書を偽造するのは絶対NG!

キャッシングやカードローンの審査で嘘の申告は絶対にしてはいけません。

一般的な融資審査では「信用情報機関」を使用して申告内容を確認します。
 

信用情報には個人情報だけでなく、ローンやクレジットカードの利用履歴も細かく記録されています。

その為、モビット審査時の嘘の申告かどうかは、ほぼバレると思ったほうが良いです。
 

程度にもよりますが、申告の内容が悪質だと判断されれば、モビット審査は否決となり融資を受けることは出来ません。

また、虚偽の申告は申込時だけではありません。
 

中には「収入証明書や在籍確認の連絡先」を偽る方もいらっしゃいます。

「アリバイ偽造会社」という会社をご存知でしょうか?
 

ダミーの会社を使って利用者のローン審査が通るサービスを行う会社です。

ペーパーカンパニーを通じて嘘の電話手続きや郵便物の転送、給与明細や源泉徴収票の偽造を行っています。
 

カードローン会社が偽造であることを見抜けない場合は、カード審査は可決となり借り入れが出来てしまうのです。

アリバイ偽造会社を利用する人は、主に無職の方や水商売など人に言いたくない仕事に就いている人が多いです。
 

アリバイ会社は報酬を受け取って利用者がその会社にあたかも勤めているかのように見せかけているのです。

主な業務は電話の対応、保証人の斡旋・紹介、給与明細・源泉徴収票の偽造発行、郵便物の転送、就労・雇用証明書の発行、社会保険証の偽造などです。
 

サービス利用料は5000円~10000万円前後とさほど高くはありません。

ですが、安い値段と引き換えに大きな代償を払うこととなりますので、絶対に利用しないことです。
 

アリバイ偽造会社の利用は法律違反です。

文書偽造罪ならびに詐欺罪に問われるます。
 

実際にアリバイ偽造会社とその利用者が2011年に摘発・逮捕される事件が起こっています。

そんな罪に問われるなんて知らなかったでは済まされません。
 

被害者ではなく加害者の立場になるかもしれませんので、モビットの審査ではもちろん、あらゆるローン審査で絶対に利用しないでください。

モビットだけでなく他のカードローンの申し込みもできなくなります。
 

⇒モビットの公式HPはココ